これは盛り上がる!

全国をまわっていますと、「地域に喜ばれることをしたいけど、どうしたら?」という声を多く聞きます。 こんな時に、たまたま出会ったのが、読書会です。これを工夫したら、地域コミュニティーのお手伝いができるのでは、と考えました。 とにかくやってみました。これが、なかなかいい。盛り上がる。笑顔が出る。「こんな情報が欲しい」の声も沢山いただきました。 こうしてサンデー世界日報を使った読書会「43とも倶楽部」が誕生しました。“43とも“は、「よみとも」と読み、「読み友」なんですね。 私たちは、読書会「43とも倶楽部」を通して、コミュニティー活動を応援していきたいと思います。 


▼コミュニケーションをもつことで、それぞれの全く違った一面も知ることができて、本当に可能性のある会だと思いました。

▼毎週違ったテキストがあるので、これなら楽に継続できると思いました。1回43分も丁度いいです。    

▼一人一人の方の心情に深く入ることが出来て本当に良かったです。

▼コミュニケーション力が向上したし、相手の話を聞く力が養えた。良いところ探しの訓練になる。

▼4人での意見の出し合いはとても素晴らしかった。地域の集会や親子でもやってみたいです。良い勉強になりました。 

▼ 聞いているのとやってみるのとは大違い。良かったです。褒めることは努力しないと出来ない。今後の生活にも役立ちました。実践出来るといい。 

▼初めてでとっても新鮮でした。テーマがあまり一般的な内容ではなく、少し話しにくかったです。いろんな方が入ったら本当に素晴らしいと思います。 

▼前向きな集会になったと思います。新らしい人を交えた集会へと発展できたら良いと思います。

▼つの課題にみんな気付く観点が異なり、人間の面白さを発見した。 

▼若いメンバーから鋭い感想や意見が出て希望を感じました。 

▼性別や世代の違う方達と感想を交換したり、交流する機会は普段多くないので、とても良い時間を持つことができました。 

▼初めての体験でした。お互いに共通の意識をもっており、共感して楽しくコミュニケーションができて本当に素晴らしいと思いました。 

▼話す、聞く、褒める訓練にとても良いし、くじ引きでグループに分かれ、じゃんけんでリーダーを決めるので、主体性が育つ。

▼褒め合ってとてもお互いに心が和らいだ気がします。来づらくなった人を招いてやってみたいです。

▼今日は2回目で本当にメンバーが違うと、話す内容も全然違う。これからやっていく具体的なことが少しずつ見えて来て良かった。成長できる事は嬉しい。

▼とっても関心があって、地域を越えてでも参加してみたいと思っていたので有り難かったです。是非実行してみたいと思います。

▼感想文を共有する際、聞く側が真剣に、そして肯定的に受け止めて褒めてくれる。自然に心が開いて、人の話もよく聞きたいし、自分のことを話したい、そういう心情の世界が築かれた場になった。人の話を聞く姿勢が大切だと感じた。 

▼人を褒める事は相手も嬉しいし、私も嬉しくなります。地域でなかなか来られない方とやってみたいです。

43とも倶楽部

「43とも倶楽部」は、よみともくらぶ と読みます。サンデー世界日報を主なテキストとした「読書会」です。  43ともは「読み友」。皆さまと共に地域コミュニティー作りをお手伝いしたい。これが私たちの願いです。

0コメント

  • 1000 / 1000